仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ13話ネタバレあらすじ『ソウゴが縄で捕まる?』

仮面ライダージオウ13話ネタバレ

仮面ライダージオウ13話(2018年12月2日放送)を見逃してしまったあなたへネタバレあらすじをご紹介。

仮面ライダージオウ13話ネタバレはソウゴ(奥野壮さん)が縄で拘束され連行されてしまう!?

2015~2016年の仮面ライダーゴーストのタケル(西銘駿さん)が登場します。あらすじ感想と共にまとめています!

 

日曜朝9時から放送されている仮面ライダージオウのですが、うっかり見逃してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方へ向けて仮面ライダージオウの見逃し配信を無料で視聴する方法を紹介します!

今なら無料キャンペーンが行われているので必見です!

下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。

※仮面ライダージオウ14話が放送されるまでの期間限定配信です。

 

ストーリーをチェック!『仮面ライダージオウ(第13話)』

仮面ライダージオウ13話予告シーン

ゲイツ(押田岳)によって歴史が書き換わることに危機感を抱いたウォズ(渡邊圭祐)はタイムジャッカーに接近。一方、アナザーゴーストと遭遇したソウゴ(奥野壮)はジオウに変身し戦いを挑むが、突然現れたタケル(西銘駿)とナリタ(勧修寺玲旺)に捕まってしまう。

不可思議現象研究所のタケルらはミカという少女の依頼を受け、消えたミカの兄の捜索をしているという。その失踪にアナザーゴーストが関係しているようだが、タケルらはソウゴ=仮面ライダーがアナザーゴーストの仲間だと考えているらしい。何を根拠に…?

そのころ再び現れたアナザーゴーストをゲイツがライダーゲイツに変身し撃破。その正体がミカの兄マキムラとわかる。タイムジャッカーによって復活したアナザーゴーストをさらに追おうとするゲイツだったが、そこに謎の仮面ライダーが立ちはだかった!

スポンサーリンク

 

『仮面ライダージオウ』の気になるネタバレあらすじ(第13話)

仮面ライダージオウ13話ネタバレ

仮面ライダージオウ13話は、アナザーゴーストが男性の魂を吸い取ってしまうというシーンから始まり…。

そこを目撃してしまったソウゴ(奥野壮さん)でしたがやっつけることができません。

そこへタケルとナリタが登場し、突然捕まえてしまいさらに縄で拘束。

 

なんとも過激なスタートですが、子供がビビらずに見られるでしょうか。でもきっと癒し系のソウゴだから大丈夫でしょう。

第13話は12月2日(日)9時~放送予定です。放送しましたら追記しますので待っていてくださいね。

※12月2日 放送後追記!ネタバレあらすじをご紹介します。

 

オーマジオウからぬすんだウォッチ

仮面ライダージオウ13話ネタバレあらすじ

逢魔降臨歴と言う本を手に話すウォズ(渡邊圭祐さん)。

「まさか、我が魔王の行動によって未来が変わり、この本まで書き換わってしまうとは。だから、私はタイムジャッカーの見方をすることに。」

と何やら作戦を思いついたようです。

 

その頃朝の早くに、ソウゴ(奥野壮さん)がクジゴジ堂2階から階段を転がり落ちてきます。

そこへゲイツ(押田岳さん)が飛び掛かります。

 

「言ったはずだ!俺がここにとどまったのはお前を倒すためだとな!」

「やめろ・・・!」と逃げるソウゴ。

「やめなさいっっ!家がこわれるっっ!!!」

と、ツクヨミ(大幡しえりさん)のひとことで朝イチのケンカがおさまります。

 

おとなしく朝食をとることにした3人。

「そう言えば前から気になってたんだけどさ、ゲイツ最初からドライブのウォッチ持ってたよね。どうやって手に入れたの?」とゲイツに効くソウゴ。

「オウマジオウから盗んだのよ。」と話に入るツクヨミ。

「え?じゃあもともと俺のもんじゃん!」

「今は俺のもんだ。」とゲイツは答えます。

 

そこにクジゴジ堂のおじさん(生瀬勝久さん)が話に割って入ります。

「ちょっとちょっとなになにー盗むとか盗まれたとか物騒な。ま、女の子の心盗むなんてのは色っぽくていいけどね~!」

 

いっぽう、男性が車を走行中に突然道路に何者かが飛び出してきました。

急ブレーキを踏んで、前をもう一度見ると、そこにはアナザーゴーストの姿が・・!

 

そこへ通りがかったのはタケル(西銘駿さん)とナリタ(勧修寺玲旺さん)

助けようとしますが、男性は魂を抜き取られてしまいます。

 

ソウゴが縄で縛られた上に連れ去られる

仮面ライダージオウ13話ネタバレソウゴが連れ去られる

その頃バーに集まっているタイムジャッカーの3人・オーラ(紺野彩夏さん)・ウール(板垣李光人さん)・スウォルツ(兼崎健太郎さん)。

そこにやってきたのはウォズ。

タイムジャッカーに、協力をしたいと申し入れます。

 

あやしいその言葉をただでは受け入れないタイムジャッカーたち。

ソウゴを見限ったのかと聞かれ交渉するウォズ。

 

「誤った道を正すのも臣下の務め。我が魔王の最大の障害となる人物。その男は、全てを破壊し歴史を変える者。」と語ります。

 

ここで、ゲイツの姿が映し出され…そのまま場所が変わって、BMXの練習をしている人たちが集まる公園へと移ります。

そこにやってきたソウゴ。

すると、アナザーゴーストが現れ一人のBMX走行中の男性が襲われます。

 

ソウゴは変身してジオウとなり戦いますが、アナザーゴーストにするりとかわされて、そのアナザーゴーストは姿を消してしまいます。

 

その公園を通りかかったのはタケルとナリタ。

襲われた人にソウゴが声をかけていると、後ろから来たタケルたちに縄で縛りあげられ連れ去られてしまいます。

 

その頃、公園で人を襲っていたアナザーゴーストが戻った場所は、タイムジャッカーたちのいるバー。

ともにいるウォズは、オーラから、

「ねえ、あんたが言ってた破壊者はどこ行ったのよ。」

と聞かれ、オーラにその男を呼んできてくれないかと頼むのでした。

 

いっぽう連れ去られたソウゴは、天空寺に連れてこられました。

事件にかかわっていることを白状しろと詰め寄られます。

そこにやってきたのはミカと言う女性。

 

「この人が、あの怪人の仲間なの?」と言います。

「ちょっと待ってよ。状況がわからない。誰か説明してくれないかな。」と言うソウゴ。

 

タケルたちは、そこを不可思議現象研究所といい、3年前から、一般の人たちが怪人に襲われてきた事件を追っていると話します。

スポンサーリンク

通りすがりの仮面ライダー

仮面ライダージオウ13話ネタバレ天空寺

今回の依頼人はミカ。

どうやら、ミカの消えた兄は、あの怪人と関係があると言います。

「私、お兄ちゃんを探してるんです。」と言うミカは、依頼の理由を話します。

 

3年前、お弁当を忘れた警察官の兄にお弁当を届けたミカ。

そこに建設中の工事現場から、ミカの方に向かって鉄骨が落ちてきました。

 

兄はミカを守るためミカを押し、ミカの身代わりに鉄骨の下敷きに・・・

危機一髪で助けられたミカでした。

 

しかしそこにいたはずの兄がいなくなり、代わりにそこにいたのはあの怪人だったといいます。

「タイムジャッカーの仕業か。」と言うソウゴ。

 

続けてタケルは、もう少しであの怪人を捕まえられそうだったことを話し始めます。

しかし、「仮面ライダー」と名乗るやつに邪魔されたと言います。

その仮面ライダーをソウゴだと思っているもよう。

 

そこにソウゴのスマホにツクヨミからの呼び出し音が鳴ります。

「アナザーライダーが現れたみたい。ゲイツが向かってる!」と話すツクヨミ。

 

「あの怪人が現れた!俺に手伝わせて。きっと力になれるからさ」とタケルに言うソウゴ。

「わかった。信用する。」と、タケルは言い、ソウゴが悪いことをする人間だと思えないと話しますが、ナリタは反対。

 

そこでソウゴは、自己紹介をし、「魔王になりたい」とアピール。

するとまた信用を無くして、結局ソウゴは天空寺に置いて行かれます。

 

いっぽう、オーラはウォズに頼まれある男と会っています。

「感じ悪い。」と、オーラが心の中で愚痴るほどのその男が向かったのは・・・

 

3年前のあの日の事実

仮面ライダージオウ13話ネタバレ3年前の事故

その頃、ウールに言われて星立化学研究所に着いたゲイツ。

先についていたアナザーゴーストが星立化学研究所の研究員を襲います。

そこにやってきたゲイツがアナザーゴーストと戦います。

 

さらにそこにたどり着いたはタケルとミカ。

ミカの姿を見たアナザーゴーストは、「ミカ…」と反応。

 

ゲイツは止まることなくそのアナザーゴーストを倒します。

倒れたアナザーゴーストは3年前のあの日の兄の姿に戻ったのです。

 

兄の息は止まっています。

そこにタイムジャッカーのウールが現れ時間を止め、ミカだけが聞ける状態にした上で話し始めます。

 

3年前のあの日・・・

実はミカが鉄骨の下敷きになりそうだった瞬間、タイムジャッカーのウールが時間を止め、兄に交渉を持ちかけていました。

妹を助けてほしければ契約しないか…と。

正義感の強い兄は自分で助けると断ります。

 

そのまま妹の身代わりに兄は命を落とします。

そして兄はウールによってアナザーゴーストにされたのでした。

 

それ以来、アナザーゴーストとなった兄は、不慮の事故を起こす人間を襲っては排除していると、ウールはミカに説明します。

よっぽど、ミカを助けたかったのだろう…と。

 

アギトに変身した仮面ライダー

仮面ライダージオウ13話アギトに変身

話し終えたウールは、兄を再びアナザーゴーストとしてよみがえらせ、時間の流れを再開。

そして、動き出したゲイツは、逃げていくアナザーゴーストを見つけ追いかけます。

 

そんなゲイツの前に現れたのは『仮面ライダー』。

通りすがりの仮面ライダーだ。

そう名乗り、その仮面ライダーはゲイツに戦いを挑んできます。

 

そして、その仮面ライダーは「仮面ライダーアギト」の姿に変身。

ゲイツはコテンパンにやられてしまいます。

去っていくアギトに変身した仮面ライダー。

 

タケルがそこにやってきて、ゲイツに声をかけ、ソウゴの友達であることを確認。

ソウゴは信頼できる人物だったとわかるタケル。

 

ソウゴのいる天空時へ戻ったタケルたちとともに、ゲイツ、ツクヨミも集まります。

出来事の説明を聞いたソウゴは、

「本当に仮面ライダーが味方していたの?」と言います。

「ありえない。新しい王を作り出すのがタイムジャッカーの目的なんだから。仮面ライダーに協力するなんて…」

というツクヨミでしたが、それは間違いないとゲイツが言います。

 

「あの仮面ライダーは王魔ジオウの銅像の中にいた、仮面ライダーアギトだ。」

「わけがわからない!」と混乱するツクヨミにソウゴは、これから起こる不慮の事故がないかたずねます。

 

「その事故を起こす人をアナザーゴーストが狙うはずだ!」と言うソウゴに、

「未来の出来事を教えるのはルール違反なんだけどな…」

と言いながらも協力するツクヨミ。

 

仮面ライダーヒビキへと変身

仮面ライダージオウ13話ヒビキに変身

先に不慮の事故現場が起こる場所にやってきたアナザーゴースト。

そこにいた人々に襲いかかります。

 

今までに襲った人々の魂を開放させることで、アナザーゴーストを強くしたウール。

そこへやってきたソウゴたちは変身し戦います。

ソウゴは戦いの中、変わってしまったミカの兄に語りかけますが通じません。

 

アーマーをつけたジオウとゲイツ。

しかしなかなか歯が立ちません。

そこでゲイツはジオウに、

「待て。あいつはゴーストだ。これを使え。」

そう言って、ゴーストライドウォッチを渡します。

 

受け取ったゴーストライドウォッチで変身したジオウはパワーアップし、アナザーゴースト化しているミカの兄をやっつけようとします。

そして、フィニッシュターイム…

 

しかし、そこで、タイムジャッカーのウールに、

いいのかなぁ。そいつを倒すと死んじゃうんだよ。」と言われ、ミカの兄だということに迷いが生じるジオウたち。

 

迷っているところに登場したのは、アギトに変身した仮面ライダー!

さらにその姿から、仮面ライダーヒビキへと変身!

お前が魔王ってやつか。ちょっと遊ぼうか。

と、ジオウを襲います。

 

なかなか歯が立たないジオウに、

「魔王とはそんなもんか」と言う、ヒビキに変身した仮面ライダー。

やられて変身がとけたソウゴ。

 

タイムジャッカーのウールが、

「さあチャンスだよ。」とアナザーゴーストをけしかけます。

 

「やめておけ。」

ヒビキ姿の仮面ライダーはアナザーゴーストを止めます。

「帰るぞ。タイムジャッカー。」

そう言って、ウールとアナザーゴーストもその場を離れていきました。

 

世界の破壊者が発覚

仮面ライダージオウ13話門矢士

ソウゴは体から魂が抜かれてしまいます。

タケルの霊能力によってソウゴの魂だけは間一髪救われました。

が、ソウゴの体は息をしていません。

 

心配し駆け寄るツクヨミ、ゲイツ、タケル。

タケルにだけは幽霊になったソウゴが見えていました。

 

その後、元の姿に戻ったその男は門矢士(井上正大)。

そこに、タイムジャッカーの女性・オーラがやって来ます。

「なぜとどめをささなかったの?」

というオーラに、

「奴らのことは大体わかった。今はそれでいい。」と答えます。

 

士を気に入ったオーラは、

「あんたが王になるつもりなら、手伝うけど。」と言いますが士はこう答えます。

 

王か…興味ないなぁ。俺は通りすがりの仮面ライダー。世界の破壊者だ。

そして・・・次回へ続く・・・!

 

仮面ライダージオウ第13話の感想(ネタバレあり)

仮面ライダージオウ13話の感想

第13話は12月2日に放送される予定なので、放送したら感想をまとめていきますね!

※12月2日 放送後追記!感想をご紹介します。(ネタバレあり)

 

何気ない日常シーンに伏線あり

仮面ライダージオウ13話感想伏線

ささやかな日常を描くようなシーンで、実はゲイツは、『ドライブウォッチ』と『ゴーストウォッチ』をオーマジオウから盗んでいたことがわかりました。

何気ないちょっと笑えるシーンでストーリーにそれほど関連しないのかと思いきや、結構大事な伏線をさらっと入れてくるので、そういうところも見ておいた方がストーリーがより理解しやすいのでおすすめです。

 

あと、仮面ライダージオウ13話では一度だけの登場でしたが、ソウゴのおじさん役の生瀬勝久さんが、今回もドラマ『TRICK』なみの存在感でした。

そういうシーンは子供よりも絶対大人は楽しめますよね。

子供は変身のシーンが好きですが、私はこういった日常のシーンが好きです。

 

事故のシーンがリアルすぎる

仮面ライダージオウ13話事故シーンリアル

今回アナザーゴーストが誕生するきかっけとなった、3年前の2015年の不慮の事故のシーンがすごかったですね。

まるで映画を見てるみたいで、すごくリアルで、思いっきりヒヤッとしました。

 

そのシーンが何度か出てきますが、あれは「ぜひ大人に見てもらいたい!」というシーンでした。

うちのちびっこは、あのシーンに泣き出すこともなく、おどろいていることはなかったので、こわくはないようでした。

もう少し大きい4、5歳になるとびっくりするかもしれないですね!

ゲームのようなアトラクションのような感じで見てみるのもよいのでは。

 

「通りすがりの仮面ライダー」がアギトに変身してレトロに

仮面ライダージオウ13話アギト登場

仮面ライダージオウ13話のキーマン「通りすがりの仮面ライダー」が突如ゲイツの前に現れ、仮面ライダーアギトに変身したシーンが一番よかったです。

 

何がよかったのか結論から言うとレトロ感です。

 

そこまではめちゃめちゃ強くてかっこよかったのですが、ゲイツにキックするシーンが、ちょっと今っぽくなくて、それが逆によかった!

調べてみると仮面ライダーアギトは2001年~2002年に放送されていたんですよね。

今から17年前です。

今みたいにキラキラしたリアル感ではなく、動きの少ないちょっとレトロ感がある、落差がすごくほっこりしましたね。

 

「エーーーーイッ」という声がハマりそうな、静止画のようなキック。

きっとあのシーンも大人は楽しいはず。

 

『仮面ライダージオウ(13話)』見逃し配信無料視聴方法

「仮面ライダージオウ13話の見逃し配信を無料で視聴したい!という方へ向けて、

仮面ライダージオウ最新話の見逃し配信を無料で視聴する方法を紹介します!

今なら無料キャンペーンが行われているので必見です!

下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。

⬇︎    ⬇︎    ⬇︎

 

※仮面ライダージオウ14話が放送されるまでの期間限定配信です。13話放送後(12月2日)配信スタート!

 

『仮面ライダージオウ』ネタバレあらすじ(第13話)のまとめ

ジオウ変身シーン

仮面ライダージオウ13話のネタバレあらすじと感想は、2018年12月2日の放送後に更新しました。

今回のゲストは、仮面ライダーゴーストのタケル役・西銘駿さんでしたが、初めから最後までほぼずっと出演シーンがありました。

なので、仮面ライダーゴーストのタケルファンの方は結構満足度が高いのではないかと思います。

前回のゲスト出演の佐野岳さんの何倍も見られますよ!

次回14話にも登場し、何やら戦いにも絡んできてくれそうなので楽しみですね。