仮面ライダージオウ

仮面ライダージオウ14話ネタバレあらすじ『厄介な通りすがり』

2018年12月9日(日)放送、仮面ライダージオウ14話を見逃したり、もう一度確認したいあなたへ、ネタバレあらすじをご紹介。

仮面ライダージオウ14話のネタバレでは、留まることのない進化を遂げるディケイド(井上正大さん)がソウゴの敵となる続きのエピソードです。

前回霊になってしまったソウゴ(奥野壮さん)はどうなってしまうのか、そしてゲスト出演のタケル(西銘駿さん)の活躍が見られます!

日曜朝9時から放送されている仮面ライダージオウのですが、うっかり見逃してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方へ向けて仮面ライダージオウの見逃し配信を無料で視聴する方法を紹介します!

今なら無料キャンペーンが行われているので必見です!

下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。

※仮面ライダージオウ14話が放送されるまでの期間限定配信です。

 

仮面ライダージオウ(14話)のストーリーをチェック

仮面ライダージオウ14話アナザーゴースト

アナザーゴーストとの戦いで肉体と魂が分離してしまったソウゴ(奥野壮)。ゲイツ(押田岳)はソウゴの意識を取り戻そうと、2015年の世界へ行きライダーゲイツに変身、アナザーゴーストに戦いを挑む。

しかし、突如現れたディケイド龍騎によって逆に倒され、ゴーストライドウォッチを奪われると、代わりにディケイドライドウォッチを渡される。

霊となったソウゴはタケル(西銘駿)を連れ、2015年の世界へ。自らを犠牲にミカ(尾碕真花)を守ろうとする兄・マキムラ(堀池直毅)を救い、歴史を変えることに成功。タケルはマコト(山本涼介)と仮面ライダーゴースト、スペクターに変身し、眼魔コマンドと戦うが…。

 

スポンサーリンク

仮面ライダージオウ(14話)の気になるネタバレあらすじ

仮面ライダージオウ14話ライダーゴースト

仮面ライダージオウ第14話は12月9日(日)9時~放送されます。

前回の13話で登場した門矢士=ディケイドは、ソウゴにとって『最大の障害となる人物』という敵として、14話、15話でも引き続き登場。

時空をめぐることができるディケイドはほかのライダーたちとは違い、ジオウと少し似た力を持っているのです。

「通りすがりの仮面ライダーだ」というディケイドの名ゼリフも健在。

ソウゴにとってはとても厄介な通りすがりとなってしまいます。

放送終了後に追記しますので楽しみにしていてください!

 

仮面ライダージオウ(14話)ネタバレありの感想

仮面ライダージオウ14話ゲイツ負傷

仮面ライダージオウ第14話は12月9日(日)9時~放送されます。

第13話から引き続き、2009年1月~9月ま平成の仮面ライダーシリーズ10周年記念作品として放送された仮面ライダーディケイドの主人公・門矢士(かどやつかさ)役の井上正大さんが登場します。

ディケイドは特別な力で圧倒的な強さと、その独特な世界観がまたみられるので楽しみです。

12月9日の放送後追記しますのでお楽しみに!

 

仮面ライダージオウ13話の見逃し配信動画を無料で視聴する方法

 

「仮面ライダージオウ13話の見逃し配信を無料で視聴したい!という方へ向けて、

仮面ライダージオウ最新話の見逃し配信を無料で視聴する方法を紹介します!

今なら無料キャンペーンが行われているので必見です!

下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。

⬇︎    ⬇︎    ⬇︎

 

※仮面ライダージオウ14話が放送されるまでの期間限定配信です。

 

仮面ライダージオウ14話ネタバレあらすじのまとめ

仮面ライダージオウ14話ソウゴが幽霊

仮面ライダージオウ14話ネタバレあらすじは12月9日(日)9時以降更新しますのでもうしばらくお待ちください!