ドラマ

THEhead動画無料視聴方法!山下智久新ドラマ2020!タイトルの意味やhulu公式サイト!

山下智久さん出演の2020年の新ドラマTHE headが6月に放送開始されます。

「THE headドラマ動画を無料で視聴したい!」

「山下智久さんのドラマについて詳しく知りたい!」

という方へ向けて、こちらの記事では山下智久さん出演の2020年の新ドラマTHE headを無料で見る方法や予告などドラマについて詳しく紹介させて頂きます。

2020年の新ドラマTHEheadを無料で見る方法!

山下智久さん出演の2020年の新ドラマTHE headを無料で見る方法で見る方法を紹介させて頂きます。

THE headのドラマは、Huluオリジナルのドラマコンテンツでございます。

そのため、Hulu限定で2020年6月12日から配信される予定です。

 

『でもHuluって有料の月額動画サービスでしょ』

と思われた方も多いと思います。

Huluは通常月額933円(税抜)の動画配信サービスです。

 

しかし、Huluには2週間の無料登録期間があるのです!

この無料登録期間をうまく利用することで、1話から最終回まで無料で視聴することができるのです!

まずは2週間お試しを!

↓  ↓  ↓  

Hulu今すぐ無料でお試し!

※期間内に解約すれば、料金が一切かかりません

ここからはHuluの魅力を紹介させて頂きます!

映像コンテンツが充実!

Huluには映像コンテンツが充実です。

「ミニオンズ」「ジョジョの奇妙な冒険」「あなたの番です」「ウォーキングデッド」など人気のコンテンツがたくさんです。

しかも日テレ系のドラマはほぼ取り扱っているので、全話視聴することができてしまいます!

ダウンロード可能!

SNSから着信がくるスマホ

Huluではあらかじめ見たい映像をダウンロードしておくことがでくるのです!

ダウンロードしておけば、通信制限を気にすることなく動画を楽しむことができるのです。

 

今ならHuluには2週間の無料登録期間がアリ!

この無料登録期間をうまく利用することで、ドラマ1話から最終回まで無料で視聴することができるのです!

まずは2週間お試しを!

↓  ↓  ↓  

Hulu今すぐ無料でお試し!

※期間内に解約すれば、料金が一切かかりません

 

【ついに解禁!】Huluオリジナル「THE HEAD」ティザー映像

引用:https://www.youtube.com/watch?v=Mk6c1pSQRgs

THE HEADの予告・ディザー映像が公開されております。

THE HEADのあらすじ

4月29日――夏期の調査研究を終えた「ポラリスVI南極科学研究基地」では、大半の隊員が帰郷。
10名の「越冬隊」のみが基地に残る。
彼らは6か月間にわたって南極を覆う“長くて暗い冬”を耐え忍び、研究を続行するのだ。

ところがその最中、不可解な事件が発生する。
突然、基地との交信が途絶えてしまったのだ!
しかも数週間後、夏期隊長ヨハンが率いる救助チームは、静まり返った基地で恐ろしい光景を目撃する。

そこにあったのは惨殺された7つの死体…!
残りの隊員については、生存が確認された者もいる一方、行方不明になっている者もいた。
事件解決のカギを握るのは生存者。

しかし生き残ったということは、犯人である可能性も一番高い、諸刃の剣のような存在だ。
実際、証言には不明瞭かつ矛盾した点が多々あり…。
はたして何がうそで、何が真実なのか!?

引用:https://www.hulu.jp/static/thehead/?cmp=10102&utm_source=SP&utm_medium=Display&utm_campaign=JP_DM_OtherDisplay&utm_term=YouTubeChannel&waad=R5kW9xTG

THEHEADの放送日はいつから?

THEHEADのドラマの放送日は公開されております。

ドラマは全6話となっております。

THEHEADドラマ放送日を紹介!

1話 2020年6月12日(金)22時〜

2話 2020年6月19日(金)22時〜

3話 2020年6月26日(金)22時〜

4話 2020年7月3日(金)22時〜

5話 2020年7月10日(金)22時〜

6話 2020年7月17日(金)22時〜

THEhead動画無料視聴方法!山下智久新ドラマ2020!タイトルの意味やhulu公式サイト!まとめ

山下智久さん出演の2020年の新ドラマ、THE headを無料で見る方法や予告などドラマについて詳しく紹介させて頂きました。

山下智久さん以外の出演者が海外の俳優さんばかりですので、山下智久さんの英語力が楽しみですね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。