夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らないドラマのキャスト・相関図を紹介!

1ヶ月で13万部売れ、2019年にフジテレビにてドラマ作成、そして、FOD(フジテレビオンデマンド)にて配信が決定された「夫のちんぽが入らない」のキャスト・相関図を紹介します!

衝撃的なタイトルの夫のちんぽが入らないですが、原作を読んでドラマの方も気になった方も多いのではないでしょうか。

そんなドラマ版夫のちんぽが入らないを無料で視聴する方法があります。

今なら無料登録キャンペーンが行われているので必見です!

下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。

⬇︎    ⬇︎    ⬇︎

 

 

「夫のちんぽが入らない」の登場人物紹介

夫のちんぽが入らないの原作の登場人物を紹介して行きます!

 

渡辺(山本)久美子/石橋菜津美

主人公・ヒロイン。

元々引っ込み思案で、あまり自信が持てない性格。
そのため、あまり深い友人関係を築いたことがなく、また、母親との折り合いが悪い。

ドのつく田舎から大学のため、東北の都市に引っ越してきたが、その際同じアパートにの先輩、渡辺研一と出逢う。今までにない人間関係や距離感の渡辺研一にどんどん惹かれていく

大学卒業後は教師となる。

 

渡辺研一/中村蒼

久美子の旦那になる男性。

久美子が引っ越してきた当日、初対面にも関わらず、部屋に押し入り引っ越しの片付けを手伝ったり、女性一人暮らしの部屋にテレビだけみてそのまま帰ってしまう、分け隔て無く人間関係を作れる男性。

久美子同様どんどん惹かれていき、告白する

 

久美子同様、大学卒業後は教師となる。

生徒に真摯に向き合い、たとえ生徒非行に走ったとしても、闇雲に叱るのでは無く、話を聞き理解する、また、深夜の呼び出しであっても迎えにいく熱血教師となる。

そのため生徒からの信頼は厚く、担任ではない生徒からも信頼されている。

 

ミユキ

久美子が勤める学校の生徒。

母親は新興宗教を信仰しており、宗教施設に住んでいる。

宗教のルールとして、母親と会える時間が限られており、寂しい想いをしている。

最初は久美子とは仲が良かったが、母親に会えないのは大人たちのせいである、久美子先生は母親と合わせてくれるため、何もしてくれないと感じるようになる、大人たちへの怒りの矛先が久美子に向かい、学級崩壊へと導いてしま

 

久美子の母親

久美子の母親で、久美子とはあまり関係が良くない。

自分の容姿にコンプレックスを感じている節があり、周りの人達から久美子と母親が良く似ているといわれる度に久美子に厳しく当たるようになる

しかし、孫の顔を見たいようで、久美子たち夫婦がちんぽの入らない夫婦とは知らず、子供はまだかと迫り、久見子はより一層母親に対して苦手意識を持つようになってしまう。

 

 

「夫のちんぽが入らない」のドラマのキャスト

夫のちんぽが入らないのドラマ のキャストを紹介して行きます!

 

渡辺(山本)久美子 役/ キャスト石橋菜津美

auのケータイドラマ『わたしが死んでも世界は動く』の「歌と演技が出来る女優オーディション」において、満場一致で主役の座を射止め、芸能界デビュー。

最近では、NHKの昭和元禄落語心中のドラマや、花王のバスマジックリンのCMに出演している。

 

石橋菜津美のコメント

原作を知っていたか
タイトルが衝撃的で、 こんなにストレートなタイトルの本は是非、 読みたい!読まなければ!とドキドキしながら、 手に取ったのを覚えています。

ドラマ化について
もし、 実写化されたら『絶対に私がやりたい』と思った作品だったので、 オーディションの話が来た時には、 『きた!』と思いました。 想い続けていた役を前に、 嬉しさと恐怖のせめぎ合いで、 震えながらオーディションを受けたのを覚えています。 久美子に決まったと連絡を頂いた時は本当に嬉しかったです。

実際に演じた感想
中村蒼さんがいるだけで、 研ちゃんと久美ちゃんの関係に自然になれますし、 勝手ながら、 少し似た者同士のようなタナダ監督と、 久美子の事を考えて作っていける毎日が楽しいです。 本当にいい環境で作品に関わらせて頂いてます。 後悔しないように不器用でかわいい久美子をやりきりたいなと思っております。

引用:https://www.cinra.net/news/20180701-ottohairanai

 

渡辺研一役/キャスト中村蒼

2005年11月の第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会においてグランプリを受賞し芸能界入り。

受賞時は中学3年生の14歳で、中学生のグランプリ受賞はコンテスト史上初だった。

最近の出演作品は、NHKドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」、映画「空飛ぶタイヤ」など。

 

中村蒼のコメント

原作を知っていたか
元々原作のことは知りませんでした。まずタイトルに衝撃を受けましたが中身はさらに違った衝撃を受ける作品でした。言葉にすると軽くなってしまいそうですが、筆者のこれまでの苦悩を考えるととても辛い気持ちになりました。そしてノンフィクションだったことにさらに驚きました。

ドラマ化について
台本を読んでまず普通ってなんだろうと思いました。自分が普通だと思う感覚は自分にしか当てはまらないなと。世間一般の考えと違うことが責められがちな世の中ですが、そうでなくても誠実に懸命に生きていけばそれで良いんだと思いました。2人だけの普通と2人だけの幸せ、愛の形を見出して前向きに生きて行く姿をみてとても応援したくなりました。そしてそんな作品に出られて光栄です。

実際に演じた感想
この作品に登場する夫婦はとても幸せでお互いを想ってます。でも想ってるが故に気持ちをぶつけられなかったりすれ違ったりするシーンが幾度もあり、とてももどかしい気持ちになりました。でも互いを想って力強く生きるこの夫婦が世界中の人々から愛されると良いなと思います。

引用:https://www.cinra.net/news/20180701-ottohairanai

 

ミユキ役/未発表

※分かり次第追記致します!

久美子の母親/未発表

※分かり次第追記致します!

清水一幸プロデューサー(フジテレビ)のコメント

この衝撃的なタイトルの作品を書店で見つけたとき、 手に取らずにはいられませんでした。 読んでみて思ったのは、 タイトルから来る印象とは全く違った“夫婦の愛の形”でした。 すぐに『これを映像化したい!』と考えましたが・・・まさか自分がプロデュースできることになるとは思いませんでした(笑)。
さらに演出のタナダさん、 脚本の黒沢さんと、 思い描いた通りのメンバーで制作に踏み切ることができ、 キャストも久美子役のオーディションでは全員一致で石橋菜津美さんに決まり、 研一役は中村蒼さんにオファーしたところ「是非やりたい!」と言ってくださり、 とっても素敵なキャスティングになりました。
“普通”とはなにか?“当たり前”とはなにか?“愛“とはなにか?を考えられる、 一つの夫婦の壮大なるラブストーリーに仕上がっていると思います。 石橋さんと中村さんの熱演をお楽しみに!

引用:https://www.cinra.net/news/20180701-ottohairanai

 

※分かり次第追記致します!

 

 

夫のちんぽが入らない相関図を紹介!

夫のちんぽが入らないの相関図ですが、比較的登場人物が少ない作品です。

主人公の久美子と、夫の研一はちんぽの入らない夫婦です。

久美子とミユキは、学校の先生と生徒の関係で、最初は上手くやっていた様ですが、ある時を境にミユキが、授業妨害をする様になっていき、久美子が退職するきっかけを作ります。

久美子と母親の関係性ですが、幼い頃から母親は久美子に強く当たる傾向があり、久美子の引っ込み思案な性格を形成する原因になっております。

 

番組が配信された頃には、詳細な相関図等が発表されていると思われるため、分かり次第追記致します!

 

スポンサーリンク

 

夫のちんぽが入らないのドラマを無料視聴する方法は?

夫のちんぽが入らないのドラマは2019年に配信されます。

そんなドラマ版夫のちんぽが入らないを無料で視聴する方法があります。

今なら無料登録キャンペーンが行われているので必見です!

下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。

⬇︎    ⬇︎    ⬇︎

 

夫のちんぽが入らないキャスト・相関図まとめ

夫のちんぽが入らないのキャスト・相関図を紹介させて頂きました。

現在は主人公の久美子役と、夫の研一役のキャストしか発表されておりませんが、本作品は、主に主人公と夫との夫婦のかたちを見つけていく作品なので概ねドラマのイメージができると思います。

しかし、現在発表されていない、ミユキや、久美子の母親も物語に強く影響を与える存在ですので、キャスト発表が楽しみです。

情報が追加され次第追記して行きますので、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク