群青のマグメル

群青のマグメルアニメのネタバレ!結末はどうなる?

2019年4月からアニメが放送される群青のマグメルですが、

「アニメの結末がどうなるか気になる!」

「アニメと原作漫画がどう違うのか知りたい!」

そんな方々へ向けて、この記事では群青のマグメルのアニメのネタバレや原作との違いなどを紹介させて頂きます!

 

人気漫画の群青のマグメルですが、原作漫画を読みたい!という方も多いのではないでしょうか。

実は群青のマグメルの原作漫画を無料で楽しむ方法がございます!

下の記事で紹介しておりますので、確認してみてください。

↓  ↓  ↓

群青のマグメルのアニメ動画を無料視聴する方法!声優紹介も!無料アプリジャンプ+で連載されてる、漫画群青のマグメルが2019年4月からアニメ化されることが決定しました! 僕は連載初期からジャ...

群青のマグメルのアニメと原作漫画の違いはあるの?

群青のマグメルのアニメと原作漫画との違いはあるのでしょうか。

現状アニメが放送されていないので不明ですが、一般的に変更されてしまうようなグロいシーンなどはあまり出てこないため、修正されることはないのではないでしょうか。

原作漫画の良さは失わないためにも、あまり原作と違わないようにアニメ化されることを望みます。

※わかり次第追記させて頂きます。

 

スポンサーリンク

原作のあらすじをネタバレ!

マグメル

群青のマグメルの結末の前にあらすじを紹介していきます。

 

群青のマグメルのあらすじを紹介!

舞台は突如世界の中に現れた新大陸・マグメル。

未知なる生物や資源を求めて多くの冒険者がマグメルを目指しておりました。

世界は冒険家時代に突入。

しかし、マグメルでは冒険者の遭難が多発していた・・・。

 

マグメルの救助活動を行う専門家である主人公・因又(インヨウ)は「拾人者(アングラー)」と呼ばれていた。

因又(インヨウ)は救助活動をしていた。

ゼロは探査機を使い、因又(インヨウ)のサポートをしていた。

 

救助対処の多くは亡くなっていたが、生存者の女性を発見。

巨大な生物に襲われていたが、構造力(ラクター)を使い撃退するのであった・

 

因又(インヨウ)の「拾人館」にエミリアが訪れていた。

エミリアも父親の救出依頼のため来ていたのであった。

胸が肥大したお客さんですねというゼロ。

 

奥には寝巻き姿の因又(インヨウ)がいた。

父親から救出率ナンバーワンと言われていたが、見た目は少年。

少し不信感を抱きながらも、父親が名指しした人物であることを信じ救出を依頼。

因又(インヨウ)は寝ぼけながらもあっさり仕事を受け入れるのであった。

 

エミリアは父親も救出するため、因又(インヨウ)以外にも人員や物資を準備していた。

道中因又(インヨウ)は、マグメルで失踪するのは毎年95万人。

内無事帰ってくるのはたったの3分の1の30万人。

「拾人館」の会員になれば、割引するからお得だと商売気混じりの冗談を言うほど余裕があるのであった。

 

エミリアの父親が遭難した研究所の近くでは、ケル=ベアーというマグメル特有の生物が取り囲んでいた。

生後2ヶ月で雄ライオンほどの力を持つ生物は30匹取り囲んでいるのだという。

目的地のつくとケル=ベアーも逃げ出す、その地域のボス・スケルガーゴンが暴れ回っていた。

 

スケルガーゴンには勝てないと撤退する救助隊だったが、因又(インヨウ)はエミリアと一緒に単独救出に向かうことに。

因又(インヨウ)は、物質を作り出す力・構造力(ラクター)で、砲台と巨大な手を作り出し、スケルガーゴンを撃退。

無事にエミリアの父親を救出するのであった。

 

スポンサーリンク

 

群青のマグメルのアニメの結末をネタバレ!

マグメル

群青のマグメルのアニメの結末を原作を元にネタバレさせて頂きます。

原作漫画では大きく分けて1部と2部に分かれており、2部は現在も連載中です。

おそらくアニメは1部までとなると思いますので、1部の結末をネタバレしていきます。

 

群青のマグメル1部結末をネタバレ!

ヨウは神明阿一族の依頼人から、探査隊はマグメル奥地の時間軸の狂った奇境で、拾因の遺体をみつけことと知らせを受ける。

師匠である拾因との再開を夢見ていたヨウはショックな様子。

クスクの繭にあった彼の幻想構造力が構造力を流出するばかりで本体とのつながりが流出していたことも彼の死を暗示しているとのこと。

 

クーは時間軸が狂った奇境とは、聖心近くの「無限境界」ではないかと問い詰める。

依頼人ははい、私の直属探検隊は、黒獄小隊が聖心に入る方法を発見したとのこと。

ありえぬ!貴様らごときが聖心の斥力に抗えるはずがない、近づくことすら不可能だ!と激昂。

 

ゼロから斥力について説明があります。

マグメルは中心から外部へと俗にいう拒絶する力と呼ばれる力を放っております。

これが「万無斥力」と呼ばれている。

 

斥力と呼ばれてはおりますが、引力の反対と考えるのは誤りで、この力はいわば「分解力」。

マグメル産以外の物質はこの力にさらされると急激に劣化してしまうとのこと。

マグメル外縁は45の区に分けられある程度開発されている。

 

対して内部はほとんど未開発と勘違いされがちですが、これは危険が大きいからというより、斥力のほうが理由として強い。

外縁地域の斥力はそれほど強くないため、耐用年数十年程度のものが数年で腐る程度ですむ。

この腐食はマグメル産の物質をコーティングすることで大幅に遅らせることができる。

 

しかし、内部に入るほどそうではなくなるのだという。

深部になるともはやどんな文明の利器も完全に使用不可能で、すべてマグメル産の材料で作っていたとしても・・・

 

枯れたグラウンド

そしてヨウたち構造者(ラクター)が貴重なのは、この斥力が構造物(ラクト)には働かないから。

構造物(ラクト)だけじゃなく、斥力は有機物にも働かないのです。

でも本当の深部は違う、マグメルの中心「聖心」

 

「聖心」はあらゆるものに敵意を放っているのです。

無機物・有機物関係なく近づくすべてを分解する魔境。

光さえも分解し無にしてしまいます。

だから聖心は観測され不可能なのだという。

聖心は神でも手を出せない絶対不可侵領域。

 

絶対不可侵

神明阿の依頼人は絶対不可侵領域などは誇張表現すぎる、弱点は必ずある。

黒獄小隊は超遠距離から既知の感覚器官を超越した幻想構造を使って、聖心を観測してきた。

そしてついに聖心の弱点を見つけた。

 

我々は一年以内に聖心は暴きそして・・・

といいかけた時点で、クーは敵意をむき出しにします。

させぬぞ、聖心は真類の聖地

下賤の者が手を出していい場所では断じてない!

 

怒り

聖心を狙う蛮族はことごとく我が滅ぼしてやる!と、マグメルの原住民であるクーは怒りをあらわにします。

やめろ!と止めるヨウ。

落ち着いた表情で

 

頼むよ・・・

お願いだやめてくれクーと諭す。

ヨウは、奴らは俺たちをまとめて呼び出した理由がこれか、インをエサにすれば必ず俺もクーも来る。

そしてこの要件を話せばクーは必ず激怒する。

 

普段なら俺はクーを支持するけど、今は二人がいる。

乱戦になれば守り切れるかどうか

エミリアは構造者(ラクター)ですらないのに

 

今はクーに抑えてもらうしかない。

最悪の場合クーと戦うことになる。

それが奴らの狙いだとしても。

 

落ち着いたクー。

そして神明阿からは、インヨウさん神明阿一族にはいりませんか?

共に人類を支配しましょう。

そして共に聖心を暴き神の座を奪うのですと言う提案が・・・

 

当然ヨウは断っておりました。

神明阿はヨウを非常に評価しており、素質は通常の構造者(ラクター)をはるかに超えている。

諦めずに誘い続けるそれでもダメなら・・・

 

帰っていくヨウたち。

いつものヨウとは違い落ち着いた雰囲気でした。。。

 

神明阿一族の陰謀に巻き込まれてしまったヨウたち。

ゼロから神明阿について語られます。

神明阿とは、はるかの昔から人界を支配してきた一族のこと。

 

一部上部の人間にしか存在を知ることもできない影の支配者たちのこと。

人界のほぼすべて神明阿の関係者でしかなく、神明阿は競争を促し弱肉強食社会を作り上げてきた。

歴史上の戦争や紛争・思想の対立などもすべて彼らの手によるものとされているとのこと。

 

そんなことができるはずがないと驚くエミリア。

それができていた、聖歴元年のその日まで、無限の富と資源を保有していた神明阿。

しかし、35年前人々がマグメルが誕生したと信じているその日。

神明阿は大きな利益を失った。

 

マグメルの祝福。

未知と驚異の品々の独占という利益。

それまで神明阿のライバルはエリン(マグメルの原住民)だけでした。

 

でも今は違う。

人々はマグメルを知ってしまった。

今まで隠せていたものを隠せなくなってしまった。

 

マグメル

マグメルの「新生」が原因で。

その日マグメルは突如その面積を何十倍にも拡大させたのです。

流石の神明阿も「島」は隠せていても「大陸」は隠せません。

 

人々は瞬く間にマグメルの存在を知ることになったのです。

それにより神明阿はマグメルを人々と共有するしかなくなり、今の大冒険時代が始まったのです。

そして全てを持つ神明阿がさらに手にれたいものは目指す聖心とは・・・

 

そこで話に入ってくるクー。

それを知ってどうする?貴様も聖心を狙うか威圧します。

驚くエミリア。

 

前回のお話で師匠である拾因の死体が見つかったことを知らせれているためか元気のないヨウ。

クーは拾因の死がそれほどショックか、貴様はマグメルを舐めすぎた。

たとえ拾因でもマグメルに「絶対」などない。

 

マグメルの深部ともなるとなおさらだ。

それすら理解してなかったともなると愚かと言うほかない。

潮時だな・・・我もこれ以上人界にいる理由はない。

 

間も無くマグメルで闘争が始まる。

ヨウ貴様はここで降りろ、聖心には近づくな。

そうすれば今の関係のままた会うこともできる、と考えるクー。

エミリアにより力を付けるため、エミリアの会社に協力を仰ぎました。

 

帰ろうか、とゼロ。

ゼロとヨウはいつものようにふざけながら帰っていきます。

しかし、ヨウのこころの中では、

 

見ててよ、イン

守ってみせるか拾人館の名にかけて

あの日の約束 だから

安心して イン

必ず守るから

 

神明阿やエリンたちはそれぞれの思惑をいた気ながら群青のマグメルの1部は完結します。

 

スポンサーリンク

 

群青のマグメルのアニメを無料視聴する方法!

群青のマグメルを見逃ししまった場合、見逃し配信を視聴する方法はあるのでしょうか。

現在では発表されておりませんが、群青のマグメルを無料で視聴する方法を紹介させていただいている記事がございます。

原作漫画を無料で読む方法も紹介するので、群青のマグメルを楽しみたい人は是非チェックしてみてください。

↓  ↓  ↓

群青のマグメルのアニメ動画を無料視聴する方法!声優紹介も!無料アプリジャンプ+で連載されてる、漫画群青のマグメルが2019年4月からアニメ化されることが決定しました! 僕は連載初期からジャ...

 

 

群青のマグメルアニメのネタバレ!結末はどうなる?まとめ

群青のマグメルのアニメの結末をネタバレさせて頂きました。

アニメはおそらく、1部までと思われ、マグメルの謎や神明阿一族の目的が判明するところで終わるのです。

現在は2部が連載しております。

アニメの1期が人気にならば続編もアニメ化がされる思いますので、今から応援していきましょう!